「バイト」ダイジェスト動画公開中!
maru_red.gif 稽古場レポート公開中!
”パート”ナーのある方が、「バイト」の稽古場レポートを書いて下さいました!
稽古場レポート#1
稽古場レポート#2
稽古場レポート#3


2013年04月10日

「バイト」情報公開第二弾!

大変お待たせしました。
情報公開第二弾と致しまして、

・出演者
・スタッフ
・タイムテーブル
・チケット料金&発売日

を発表させて頂きます。

1st connect「リビング」から4年。
色んな現場に立ち色んな人に出会い、
「貴方と私、もう少し繋がりませんか?」
って方々をお招きしました。

我々俳優は、板の上に立ち素っ裸でボコスカ殴り合っている姿を観てもらってなんぼ。
手加減も遠慮も気遣いも、何にも考えずに作品の為、お客様の為に殴り合い出来る11人。

を、とくとご覧あれ。

玉置玲央

集合.jpg

カスガイ 2nd connect
『バイト』
脚本:喜安浩平
原案・演出:玉置玲央

■あらすじ
都心から電車で二時間。
ある製紙工場で働く作業員たち。
は、勝ち取らなければいけなかった。
安息とか平穏とか、尊厳を。
誰かがそれを脅かすのなら、守らなければならなかった。
のだが、気付いた時にはもう遅い。
緩やかに、蔓延るものなのだ怠惰は。

だから噛みつきたい。
だから噛みつかれたい。

会議室に集まる人々と、貴方と、私の、90分間。

虐げる者と抗う者の、話。

『死にたく無ければ兎にかく噛みつけ』

■出演
川村紗也
須貝英
田中沙織
村上誠基

浅野千鶴
岡田あがさ
荻野友里
片桐はづき

山崎彬
山田百次

玉置玲央

■スタッフ
音響:上野雅
照明:吉村愛子
舞台美術:稲田美智子
舞台監督:鳥養友美
演出助手:入倉麻美
宣伝美術:山下浩介
宣伝写真:引地信彦
宣伝美粧:田中順子
宣伝動画:飯田裕幸
劇中音楽:岡田太郎
制作:赤羽ひろみ/加藤恵梨花
制作協力:笠原希/ゴーチ・ブラザーズ
製作:カスガイ
プロデューサー:玉置玲央

協力:is/イマジネイション/zacco/ダックスープ/NoH-Ra/fantasista?ish./フォセットコンシェルジュ/righteye
味わい堂々/柿喰う客/劇団競泳水着/劇団野の上/青年団/ナイロン100℃/箱庭円舞曲/ブルドッキングヘッドロック/悪い芝居
(順不同・敬称略)

■会場&公演スケジュール
【東京公演】
中野テアトルBONBON

〒164-0001
東京都中野区中野3-22-8
[tel]03-3381-8422
[web]http://www.pocketsquare.jp/bonbon/

→2013年6月12日(水)〜23日(日)
※全15ステージ

12日(水) 19:30★
13日(木) 19:30★
14日(金) 15:00★/19:30★◇
15日(土) 15:00
16日(日) 13:30/17:30◇
17日(月) 19:30
18日(火) 休演日
19日(水) 15:00/19:30◇
20日(木) 19:30
21日(金) 15:00/19:30◇
22日(土) 13:30
23日(日) 13:30

【大阪公演】〈大阪市助成公演〉
@in→dependent theatre 2nd

〒556-0005
大阪府大阪市浪速区日本橋4-7-22
[tel]06-6635-1777
[web]http://itheatre.jp/

→2013年6月28日(金)〜7月1日(月)
※全6ステージ

28日(金) 19:30★
29日(土) 13:30/17:30◇
30日(日) 13:30/17:30◇
7月1日(月) 15:00

----------

★→『喰いつき割』実施!
前半数ステージを割引料金でご提供!
この公演にいち早く『喰いついた』モノ勝ちの、お得なステージです!

◇→『アフタートーク』開催!
終演後、ゲストを招いてのアフタートークを開催!
ゲストの詳細は追ってWEBにて発表します!

■チケット料金(全席指定・税込)
前売券 3,900円
つながり割 3,500円(3名様1組10,500円での販売)
喰いつき割 2,900円
学生割引 2,000円

※当日券は、各前売料金から500円増し。
※つながり割は劇団のみの取り扱い、前売券のみの販売、3名様同一日程でのご予約限定。
※学生割引は前売券・当日券共に、ご観劇日に受付にて学生証要提示。

■ご予約
5月18日(土)AM10:00、チケット一般発売!

■お問い合わせ
カスガイ
[mail]kasuguy.mail@gmail.com
[web]http://kasuguy.seesaa.net/
posted by カスガイ at 18:00 | Comment(5) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

「バイト」情報公開第一弾!

大変長らくお待たせいたしました。
情報公開第一弾、発表させて頂きます。

個人的な話。
ここまで来るの大変でした。
でもお陰様で、絶対面白いモノ創れる自信と、覚悟が芽生えて来ております。

ってか面白いモノ創る。
それがカスガイのやるべき事。

観に来て下さる皆様にとっても、そうであって欲しい。
覚悟の芝居。

どうぞ。

■■■

【脚本】喜安浩平 ×【原案・演出】玉置玲央

先日の第36回日本アカデミー賞授賞式に於いて、最優秀作品賞を始め数々の賞をかっさらった映画「桐島、部活やめるってよ」。
その脚本を担当した喜安浩平さんが、カスガイの脚本を書いて下さる事となりました。

玉置玲央が原案を書き、喜安浩平がそれを受けて脚本に起こす。
そして更にそれを、玉置玲央が演出する。

演劇界を、縦横無尽に節操無く疾走中の玉置玲央と、今、あらゆる業界で最も注目されている喜安浩平の、創造力ビンビンのコラボレーション。
どうぞご期待下さい!

玉置玲央 拝



カスガイ 2nd connect
『バイト』
脚本:喜安浩平
原案・演出:玉置玲央

<作品紹介>

都心から電車で二時間。
ある製紙工場で働く作業員たち。
は、勝ち取らなければいけなかった。
安息とか平穏とか、尊厳を。
誰かがそれを脅かすのなら、守らなければならなかった。
のだが、気付いた時にはもう遅い。
緩やかに、蔓延るものなのだ怠惰は。

だから噛みつきたい。
だから噛みつかれたい。

会議室に集まる人々と、貴方と、私の、90分間。

虐げる者と抗う者の、話。

<公演概要>

■東京公演
2013年6月12日(水)~23日(日)
@中野 テアトルBONBON

■大阪公演
2013年6月28日(金)〜7月1日(月)
@in→dependent theatre 2nd

5月中旬チケット一般発売予定!

<お問合せ>
カスガイ
[mail]kasuguy.mail@gmail.com
[web]http://kasuguy.seesaa.net/
posted by カスガイ at 18:00 | Comment(2) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

『リビング』公演情報(1月15日現在)

カスガイ
『リビング』
脚本 登米裕一(キリンバズウカ)

原案・演出 玉置玲央


2009年4月22日(水)〜29日(水・祝)
@王子小劇場


■日時
4月22日(水)〜4月29日(水・祝)
22日(水)◆19時〜
23日(木)◆19時〜
24日(金)★19時〜
25日(土)14時〜/19時〜
26日(日)14時〜/19時〜
27日(月)★19時〜
28日(火)★19時〜
29日(水・祝)14時〜/19時〜

※受付開始は開演の60分前、開場は30分前になります。
※上演時間は90分を予定。

※◆の回は『早期割引』といたしまして、前売、当日共に2,000円でご覧いただけます。
※★の回は終演後にゲストを招きまして『ポストパフォーマンストーク』を開催いたします。(ゲストの詳細は追って、こちらのブログでお知らせいたします。)



■チケット料金
前売・当日とも 2,500円
早期割引 2,000円



■チケット発売予定日
2009年3月1日(日) AM10:00〜



■会場
王子小劇場

〒114-0002 東京都北区王子1-14-4 B1F
<劇場窓口 03-3911-8142(公演期間中のみ)>

≫会場アクセス
JR京浜東北線・都電荒川線「王子」駅下車 北口より徒歩5分
東京メトロ南北線「王子」駅下車 4番出口より徒歩3分



■キャスト
須貝英(箱庭円舞曲)
加藤敦(ホチキス)
川村紗也(劇団競泳水着)
玉置玲央(柿喰う客)
深谷由梨香(柿喰う客)
村上誠基(柿喰う客)
渡邊安理(演劇集団キャラメルボックス)



■スタッフ
音響…上野雅
照明…吉村愛子(Fantasista?ish)
舞台美術…稲田美智子
舞台監督…棚瀬巧(至福団)
演出助手…佐賀モトキ
        清水穂奈美 
宣伝写真…玉置玲央
        田中沙織
宣伝美術…玉置玲央
票券管理…安田裕美



■協力
演劇集団キャラメルボックス 王子小劇場 柿喰う客 キリンバズウカ 箱庭円舞曲
 


■企画・製作
カスガイ
kasuguy.mail@gmail.com
http://kasuguy.seesaa.net/
posted by カスガイ at 00:00 | Comment(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

『リビング』あらすじ

都心から電車で二時間。
あるマンションに住む姉と弟。
の日常は、ただ生きて居ればそれだけで日常だった。
のだが、人間の欲がそれを許さない。
少しずつ、狂い始めていくものなのだ日常は。
だから生きてる。
だから生きてほしい。

リビングに集まる人々と、姉と、弟の、数日間。

生きるか死ぬかの、話。
posted by カスガイ at 00:00 | Comment(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。