「バイト」ダイジェスト動画公開中!
maru_red.gif 稽古場レポート公開中!
”パート”ナーのある方が、「バイト」の稽古場レポートを書いて下さいました!
稽古場レポート#1
稽古場レポート#2
稽古場レポート#3


2013年06月18日

稽古場レポート#3

6月9日(日) 都内某稽古場 午後

今日10(月)は小屋入りだ。つまりこの稽古場レポートも最後となる。
たった3回だけど、パートナーの方に「読んでます!」と直接言ってもらえるのはうれしいものだ。
直接、つまりパートナーの方に会った。
第一回の会議以降、会うとしたら劇場で偶然くらいなものだろうと思ったが、まぁよく考えついたもんだの企画が待っていた。
紙すき。
カスガイ「バイト」のチケットを紙すきで作ろうというのだ。
井上製紙らしいアイデアだ。まぁ、製紙会社が紙すきを手作業で作ってる会社だとしたら、相当重労働な職場だろうが…。
稽古場に隣接する共有スペースでそのチケットは作られている。
窓ガラスには、乾燥中の出来立てチケットがびっしりと貼り付けられている。わいわいと紙をすいているパートナー達だが、作業は思ったよりも大変だ。まさに血と汗と涙がしみ込んだ紙が、チケットとしてお客さんの手に渡る。粋な事を考えつくなカスガイ。
紙すきの様子を何枚か写真におさめ、稽古場に行ってみると鍵がかかっている。
おや、稽古は休みか…。
稽古場に行った日は稽古最終日。1週間前にもう通し稽古ができていたのだから、今日くらいは1日オフにして休養させているのか。
と帰ろうとした時、別のところから聞いた事のある笑声が。その声をたどり別棟にむかってみると、いた、カスガイ。
稽古施設の会議室で、稽古をしていたのだ。
稽古場が使用できないから、会議室でやっているのか、はたまは意図的に会議室でおこなっているか事情はわからないが、私は驚いた。
普通、稽古場を変えても舞台と同じ大きさに寸法をはかり、テーピングをして再現するものなのに、その会議室で行われていた稽古は、会議室をそのまま使用していた。
そして、「バイト」の中の重要な会議シーンを稽古していたのだ、当然、本番のセットとは違う机の大きさ、椅子の高さ、部屋の広さ。役者の距離、動き、様々なものが違ってくるのを逆に利用し、稽古場でつくりあげたものを再検証しようとしていたのだ。
私も一度見ているシーンだったので、同じようで違う空気が作りだされていた。
そしてシーン稽古を終え、玉置氏は役者の皆に、演じた感想を聞き出す。
会議室で演技についての会議がはじまった。
稽古場や本番の会場にはない、外からの音だったり、窓だったり、空気だったり、時間帯だったり、リアルなものから、非リアルに落とし込むヒントがないか、出演者全員が活発に意見を出し合う、それを玉置が拾う。
明日小屋入りのこのタイミングでスクラップ&ビルドを試みる、モノづくりの姿勢に脱帽。
そして、カスガイのメンバー全員の真面目さにも脱帽。あんな真剣な話し合い、会社の会議でも滅多にみられない。
いよいよ今週幕が開く。参加者全員のツイートの熱も最高潮だ。
最初は軽い気持ちで始めたこの稽古場レポートだったが、カスガイの稽古を見学できて、表現者として非常に勉強になった。
ありがとよカスガイ。

〈文/(株)井上製紙ちり紙課・米山和仁〉
posted by カスガイ at 01:26 | Comment(0) | その他の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。